SDGsの活動支援

エコロシティ株式会社は
持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています

SDGs(Sustainable Development Goals)とは、飢餓・貧困・教育などの世界的な課題を解決するために、2030年までに国連加盟諸国が達成すべき17の目標です。
こうしたSDGsへの取り組みに共感し、当社でも従業員一人ひとりが達成可能な目標を設定することで、社会への貢献と責任を果たしてまいりたいと考えております。

17の目標は相互に関連しているためすべての目標をクリアすることが理想とされていますが、エコロシティ株式会社では優先的に次に掲げる5つのゴールに向かって取り組みます。
モビリティ社会を支えるイノベーターとして、一つひとつの社会的責任を果たしてまいります。

|4|質の高い教育をみんなに
すべての人に包摂的かつ公平で質の高い教育を提供し、生涯学習の機会を推進する。

当社は「社員一人ひとりの成長こそが企業、ひいては社会の発展に不可欠である」と考えます。
そのため入社オリエンテーション研修やeラーニング研修、外部研修サービスを活用したマネジメント研修を実施するなど、キャリアステップに応じて社員全員が継続的に学習できる「学びの場」を設けております。
また、チームで仕事をすることに重きを置き、社員同士で支え合い、切磋琢磨する環境の下でミッションの実現に取り組んでおります。


|5|ジェンダー平等を実現しよう
ジェンダーの平等を達成し、すべての女性と女児のエンパワーメントを図る

当社はジェンダー平等の実現に向け、性別・国籍・障がいの有無等によらない合理的な基準による採用選考を実施しております。
加えて、管理職の女性比率が25%を超えるほか、全社をあげて出産・育児を支援し、その一環として男性の育休取得も推進しています。
時代の変化に即した新しい働き方を常に模索し、ライフステージの変化等にも柔軟に対応できるしなやかで強靭な組織環境づくりに取り組んで参ります。


|7|エネルギーをみんなに そしてクリーンに
すべての人々に手ごろで信頼でき、持続可能かつ近代的なエネルギーへのアクセスを確保する

当社では自動車がアクセルを踏み込む際に排出する排気ガスの軽減を目的に、自社コインパーキングに設置されているフラップを無くした「フラップレス駐車場」を2030年までに全国2,000個所に導入する計画を進めております。


|8|働きがいも経済成長も
すべての人のための持続的、包摂的かつ持続可能な経済成長、生産的な完全雇用およびディーセント・ワーク(働きがいのある人間らしい仕事)を推進する

当社では社員一人ひとりの心身の健康維持を最重視し、健康保持と増進に向けた取り組みを積極的に行っております。
その活動は、定期健康診断の受診を促進することはもちろん、すべての女性社員を対象とした婦人科検診の費用補助、ストレスチェックおよび保健指導の実施、専属の産業医による個別面談の機会設置、人事ホットラインの運用など多岐に渡ります。
さらには、全額会社負担で三大疾病保険にも加入。日本人の死因上位3位である「がん・心疾患・脳血管疾患」の3つの病気を対象に、もしものことがあった際の社員およびその家族が治療に専念できるよう支援する取組みを開始しました。


|11|住み続けられるまちづくりを
都市と人間の居住地を包摂的、安全、強靭かつ持続可能にする

当社では災害支援対策を目標に掲げています。
先の震災では交通機関がストップし、帰宅困難となった多くの人が不安な夜を過ごしたことがまだ記憶に新しくあります。当社はそうした災害発生時に一時避難場所として駐車場敷地を提供し、未曽有の事態でも安心して待機することができる空間を確保いたします。
全国3,900箇所の駐車場敷地を保有している点を活かし、安全で安心な都市と居住地の実現に貢献して参ります。

認定NPO法人キャンサーネットジャパンへ寄付金贈呈

ティール&ホワイトリボンプロジェクトを支援しています

エコロシティ株式会社ではSDGsの持続可能な開発目標への取り組みとして、17の目標のうち「5 ジェンダー平等の実現」についても取り組んでおります。

その具体的な実施策として、女性社員が心身ともに健やかであってほしいという想いから、2021年度の健康診断より、本来は健保組合の補助対象外となる20代女性への婦人科検診について、希望者は自己負担なく、会社補助で受診できる取り組みをスタートしました。

上記の実施策を進めていくにあたり、子宮頸がん啓発キャンペーン「ティール&ホワイトリボン」の取り組みに共感し、この度、寄付を行いましたことをお知らせいたします。

日本国内では毎年約1万人の女性が子宮頸がんに罹患しており、死亡率も増加傾向にありますが、早期発見と適切な治療を受けることで生存率を上げることができます。

今後も社員の健康を維持し、子宮頸がん啓発の一助となるよう取り組んでまいります。


【ティール&ホワイトリボンとは】
子宮頸がん啓発キャンペーン(ティール&ホワイトリボン)を主催しているNPO法人キャンサーネットジャパンが進める啓発プロジェクトです。

日本における子宮頸がん罹患者数、死亡者数を減らすとともに、子宮頸がんになっても、その人らしく生きていくことを支援する社会を実現するというビジョンのもと、子宮頸がんの予防・検診・治療に対する正しい知識を普及・啓発しを行っています。

ティール&ホワイトリボンプロジェクトについて
http://www.sikyukeigan.net/

認定NPO法人キャンサーネットジャパン
https://www.cancernet.jp/

SHIBUYA CITY FCとのスポンサー契約を締結

この度、渋谷を拠点とする都市型フットボールクラブ、SHIBUYA CITY FCとTEAM  CITYスポンサー契約を締結いたしました事をお知らせいたします。
新型コロナウィルスの感染拡大の影響により、スポーツ業界を取り巻く環境は、入場者数制限の継続など、依然として厳しい状況が続いております。
渋谷の街に本社オフィスのある当社は、駐車場ビジネスを軸にしたイノベーションカンパニーとして、フットボールを通じて多くの方に活力を与え続けてくれる、SHIBUYA SITY FCの活動を通して、渋谷の街とスポーツが生み出す革新的なコラボレーションの創出を願い、SHIBUYA SITY FCの活躍を応援いたします。


【SHIBUYA CITY FCについて】
「渋谷から世界で最もワクワクするフットボールクラブをつくる」というコンセプトの都市型フットボールクラブ。
「Football for good ~ワクワクし続ける渋谷をフットボールで~」というビジョンを掲げ、渋谷の街全体をスタジアムと見立て、365日、フットボールを軸に渋谷に関わる人々や企業・組織と共創したコンテンツが楽しめる姿を目指している。
2014年に発足したTOKYO CITY F.C.が前身となり、2021シーズンよりクラブ名称を「SHIBUYA CITY FC」に変更。

https://www.scfc.jp/

認定NPO法人 J.POSHとのオフィシャルサポーター契約を締結

日本乳がんピンクリボン運動の啓発の一助となるべく取り組んでまいります

当社でも多くの女性社員が活躍するなか、女性がもっとも罹りやすい乳がんの啓発運動を行う認定NPO法人 J.POSH様の日本乳がんピンクリボン運動に賛同し、この度、オフィシャルサポーターとなりましたことをお知らせいたします。

「モビリティ社会を支えるイノベーターとなり、社会の発展に貢献する」という弊社の経営理念の下、微力ながら日本乳がんピンクリボン運動の啓発の一助となるべく取り組んでまいります。

【当社の主な活動内容】
・ピンバッジの着用・駐車場看板への掲載
・乳がん健診受診促進(若年層も会社負担で受診可能に)
 ※2022年度開始予定
・Webサイトをはじめ各種告知ツールを活用し、社内外への周知活動

J.POSHオフィシャルサポーター一覧ページ
http://www.j-posh.com/about/participate/official/supporter.html

第一生命女子バスケットボール部(大阪)へ寄付金贈呈

スポーツを通じて多くの方に活力を与える取り組みを支援いたします

新型コロナウィルスの感染拡大の影響によりスポーツ業界を取り巻く環境は、リーグの中断や入場者数の制限など依然として厳しい状況が続いております。

当社は女性が活躍する場の創出を願い、この度、微力ながら第一生命女子バスケットボール部(大阪)に寄付しましたことをお知らせいたします。

バスケットボールを通じて多くの方に活力を与え続けてくれる第一生命女子バスケットボール部(大阪)の活躍を応援いたします。

DS-pigeon女子バスケットボール部(大阪)
https://ds-pigeon.com/

東京都医師会へ寄附金贈呈

現在、多くの方々が新型コロナウイルス(COVID-19)の猛威に苦しんでいます。
感染された方々にお見舞いを申し上げるとともに、不幸にもお亡くなりになったご遺族の方々に心よりお悔やみを申し上げます。

弊社では、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の対応にあたられている
医療従事者の方々や医療現場への支援として、東京都医師会への寄付を行いました。

一日も早い事態の収束と、皆様のご健康を心よりお祈り申し上げます。

公益社団法人 東京都医師会
https://www.tokyo.med.or.jp/