駐車場業界の動向

エコロシティと駐車場ビジネス

国内の⾃動⾞保有台数は約8,000万台以上に対し、国内の駐⾞場箇所は500万台と慢性的に不⾜しています。さらにはカーシェアやレンタカーの利⽤台数の増加により、モビリティサービスは今後、安定した成⻑が⾒込める業界として認知されています。
なかでもコインパーキングは都市部を中⼼に堅調な需要があり、モビリティ⾰命時代に不可⽋な「社会インフラ」として注⽬されています。

  • 国内の自動車保有台数 8,000万台
  • 国内の駐車場箇所500万台
圧倒的に足りない駐車スペース

「Parking×IT×Marketing」
による独自のビジネスモデルを構築し、
さらなる事業展開を加速しています。

POINT 01

都市部を中心に事業拡大

首都圏、関西圏、福岡、仙台、名古屋等、都市部での事業を拡大しています。
全国3,700箇所以上で駐車場の運営管理を行い、マンション駐車場の開発においては、業界に先駆けて事業モデルを構築しています。
年率10%以上の成長率を実現しています。

九州エリア 229件 中国・四国エリア 46件 関西エリア 1,085件 首都圏エリア 2,330件 東北エリア 27件

都市部での成長余地が極めて大きい

POINT 02

安定した収益基盤と成長性

景気の変動に左右されにくい安定したビジネス基盤で、市場シェアの拡大と企業成長を続けてきました。
駐車場運営に関する幅広い経験・スキル・ノウハウを蓄積し、中小規模を中心に「ストック(課金)型ビジネスモデル」の構築をしています。
その背景には、駐車場用地獲得・企画開発・運営能力を活かした営業力が元となっており、駐車場設計・施工から保守・運用まで自社で一貫した運営管理体制が、オーナー様・オーナー企業様に支持されています。

安定した収益基盤と成長性

駐車場件数推移 設立以来、安定的な成長を維持。これまで構築したビジネスモデルを確立しながらも、今後はより高い収益基盤を推進。

グラフ 2,382件 3,166件 3,447件 3,662件 3,776件

POINT 03

第⼆創業期をむかえ
次世代のモビリティ・
サービス・カンパニーへ

  • キャッシュレス対応精算機

    より利⽤しやすい駐⾞場づくりを⽬指し、電⼦マネーをはじめとした各種キャッシュレスサービスに対応した精算機を積極導⼊。

  • ダイナミックプライシング

    ユーザーニーズに基づいた最適な料⾦をリアルタイムに表示できる、プライシングシステムを導⼊。

  • フラップレス駐⾞場

    従来のロック版(フラップ)を⽤いた運営管理⽅式から、最新のIT技術と連携したフラップレスの駐⾞場開発を推進。

すべての街に Ecolo Park を
すべてのドライバーに Ecolo Park を

サービスサイトバナー(エコロパーク)